ペルー サッカーのレベル 強い?世界ランキング

ペルー サッカーのレベル 世界ランキング

ペルーのサッカー、どれくらい強いか気になりますよね?最新のFIFAランキングによると、ペルー代表は世界で21位にランクインしています。南米の中ではアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、コロンビアに次ぐ5番目の強さです。これって結構すごいことですよね。
ペルー代表は、2018年のロシアワールドカップで9大会ぶりに出場し、2022年のカタール大会では南米予選5位で大陸間プレーオフに進出しましたが、惜しくもオーストラリアにPK戦で敗れてしまいました。それでも、南米の強豪国と肩を並べる実力を持っています。
ペルーの有名選手といえば、FWのパオロ・ゲレーロ。彼はドイツのバイエルン・ミュンヘンでプレーした経験があり、39歳となった今も代表に名を連ねています。彼の経験と技術はチームにとって大きな武器です。
日本とペルーの対戦成績も気になりますよね。これまでの通算対戦成績は、日本の2勝2分1敗。直近の対戦は2011年で、その時は0-0の引き分けでした。次の対戦が楽しみですね。
ペルーのサッカーは、ブラジルやアルゼンチンほどの強さはないかもしれませんが、上手くすれば倒せるレベルの国です。実際に、ペルーは南米予選で強豪国と互角に戦うことが多く、その実力は確かです。
ペルーのサッカーをもっと知りたいですか?彼らの試合を観ると、その技術と戦術の高さに驚かされること間違いなしです。次の試合も見逃せませんね。

ペルー サッカーのサッカー事情

ペルーのサッカー事情について、皆さんはどれくらい知っていますか?南米のサッカー大国の一つとして、ペルーは独自の魅力を持っています。今回は、その魅力に迫ってみましょう。
まず、ペルー代表チームの最新情報から。ペルー代表は、2024年6月20日に行われたキリンチャレンジカップで日本代表と対戦しました。この試合は大阪府のパナソニックスタジアム吹田で開催され、ペルー代表はFIFAランキング21位という強豪です。ペルー代表の監督はフアン・レイノソで、彼の指導の下、チームは攻守の切り替えが速いプレースタイルを特徴としています。
ペルー代表のメンバーには、オーランド・シティでプレーするGKペドロ・ガジェセや、FBCメルガルのカルロス・カセダなどがいます。特に注目すべきは、元バイエルン・ミュンヘンのFWパオロ・ゲレーロ。彼は39歳という年齢にもかかわらず、代表チームで重要な役割を果たしています。
ペルーのサッカーリーグ、プリメーラ・ディビシオンも見逃せません。2024シーズンには18クラブが参加しており、ウニベルシタリオ・デポルテスやスポルティング・クリスタル、FBCメルガルが上位を争っています。特にアリアンサ・リマは、ペルーリーグで2連覇中の名門クラブで、リベルタドーレスにも出場しています。
ペルーのサッカーは、国内外での選手育成にも力を入れています。例えば、滋賀県生まれのケンジ・カブレラは、ペルー1部リーグのFBCメルガルでプレーしており、南米予選のパラグアイ戦やブラジル戦に向けた代表候補にも選ばれました。彼のような若手選手が活躍することで、ペルーのサッカーはさらに進化しています。
ペルーのサッカー事情について、現地の人々の声も聞いてみましょう。あるペルー人は、「ペルーのサッカーは常に成長していますが、他の国のサッカーはもっと成長しています」と語っています。また、別の人は「ペルーのサッカーは、腐敗した上層部がいなければもっと明るいものになるはずです」と厳しい意見を述べています。
ペルーのサッカーは、歴史的にも興味深いです。1970年と1978年のワールドカップではベスト8に進出し、1975年にはコパ・アメリカで優勝しています。しかし、その後は国際舞台での活躍が減少し、2018年のロシア大会で9大会ぶりにワールドカップに出場しました。
ペルーのサッカー事情を知ることで、南米のサッカー文化の一端を垣間見ることができます。ペルー代表の試合やリーグ戦を観戦することで、その魅力をさらに感じることができるでしょう。次回の試合も楽しみですね。

ペルー サッカーのサッカー選手の給料

ペルーのサッカー選手の給料って、どれくらいだと思いますか?実は、日本のJリーグと比べるとかなり低いんです。ペルーのプロサッカー選手の平均年俸は、日本円で約200万円から300万円程度と言われています。これって、日本のJリーグの選手と比べるとかなり少ないですよね。
例えば、ペルーのトップクラブであるアリアンサ・リマの選手でも、年俸はそれほど高くありません。アリアンサ・リマは1901年に創設された歴史あるクラブで、Facebookのいいね。数は約364万人もいるんですよ。それでも、選手の給料は日本のJリーグと比べると低いんです。
ペルーのサッカー選手たちは、給料が低い中でも夢を追いかけて頑張っています。例えば、ペルーリーグでプロのサッカー選手として活躍することを夢見て、1年間収入がなくても頑張っている選手もいます。このような選手たちの努力には本当に頭が下がります。
また、ペルーのサッカー選手の中には、給料が少ないために他の仕事を掛け持ちしている人もいます。例えば、ペルーの2部リーグでプレーしている選手の中には、給料が少ないために家族からの仕送りで生活している人もいるんです。これって、本当に大変なことですよね。
ペルーのサッカー選手たちは、給料が少ない中でもサッカーに対する情熱を持ち続けています。例えば、ペルー代表のアレハンドロ・カジェンス選手は、ペルーのカヤオ出身で、現在は海外でプレーしていますが、彼もペルーでの厳しい環境を経験してきました。
ペルーのサッカー選手たちの給料事情を知ると、彼らの努力と情熱に感動します。彼らがもっと良い環境でプレーできるようになるといいですね。

ペルー サッカーの注目選手

ペルーのサッカー代表チームには、いくつかの注目選手がいます。彼らの強みを詳細に紹介します。
パオロ・ゲレーロ(FW、39歳、ラシンクラブ)は、ペルー代表の歴代得点記録保持者であり、ペルーを代表するレジェンドです。かつてバイエルン・ミュンヘンやハンブルガーSVでプレーし、ブラジルで10年ほど過ごした後、今季からアルゼンチンのラシンクラブに所属しています。2021年を最後に代表から遠ざかっていましたが、今回久しぶりに復帰しました。彼の経験と得点力はチームにとって大きな武器です。
ペドロ・ガジェセ(GK、33歳、オーランドC)は、長年ペルー代表のゴールマウスを守り続けている守護神です。身長189cmとGKとしてはまずまずの長身で、これまで所属してきた各クラブで正守護神の座を勝ち取っています。彼の安定したセービングとリーダーシップは、ペルー代表の守備の要となっています。
ジャンルカ・ラパドゥーラ(FW、33歳、カリアリ)は、今季カリアリのセリエA昇格に大きく貢献したストライカーです。35試合で21ゴールを決めた実績があり、かつてイタリア代表にも選ばれたことがありますが、出場はしていません。彼の得点力とポジショニングの巧みさは、ペルー代表の攻撃の中心となっています。
これらの選手たちは、それぞれのポジションで卓越した能力を持ち、ペルー代表の強みを形成しています。彼らのプレーは、ペルー代表が国際舞台で競争力を持つための重要な要素となっています。