モンゴル サッカーの代表メンバー発表

モンゴル サッカーの代表メンバー発表

モンゴルサッカー代表メンバー(2021年3月29日発表)

ゴールキーパー(GK)

  • 1.ムンフエルデネ・エンフタイバン
    • 所属:アスレティック220
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグで活躍し、代表の守護神として期待される。
    • コメント:「日本戦では多くのセーブを見せ、孤軍奮闘した。」
  • 22.ムンフボルド・バルドルジ
    • 所属:SPファルコンズ
    • 利き足:右足
    • 経歴:若手ながらも安定したプレーで注目される。
    • コメント:「将来のモンゴル代表を背負う存在。」
  • 16.サイハンチュルーン・アマルバヤスガラン
    • 所属:FCウランバートル
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」

ディフェンダー(DF)

  • 23.ツェデンバル・ノルジモー
    • 所属:エルチム
    • 利き足:右足
    • 経歴:キャプテンとしてチームを牽引するベテラン。
    • コメント:「リーダーシップと経験が光る。」
  • 17.ダワージャブ・バットゥル
    • 所属:エルチム
    • 利き足:右足
    • 経歴:堅実な守備でチームの信頼を得ている。
    • コメント:「守備の要として期待される。」
  • 20.ビルグーン・ガンボルド
    • 所属:エルチム
    • 利き足:右足
    • 経歴:若手ながらも安定したプレーで注目される。
    • コメント:「将来のモンゴル代表を背負う存在。」
  • 7.トゥムルオチル・ツェレンドブドン
    • 所属:エルチム
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」
  • 12.オユンバートル・オトゴンバヤル
    • 所属:ウランバートル・シティ
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグで活躍し、代表の守護神として期待される。
    • コメント:「日本戦では多くのセーブを見せ、孤軍奮闘した。」
  • 2.トゥグルドゥル・ガルト
    • 所属:エルチム
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」
  • 3.バヤルツェンゲル・プレブドルジ
    • 所属:アスレティック220
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグで活躍し、代表の守護神として期待される。
    • コメント:「日本戦では多くのセーブを見せ、孤軍奮闘した。」
  • 5.ハシュエルデネ・トゥヤ
    • 所属:デレン
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」

ミッドフィルダー(MF)

  • 10.ツェンドアユシュ・フレルバートル
    • 所属:SPファルコンズ
    • 利き足:右足
    • 経歴:キャプテンとしてチームを牽引するベテラン。
    • コメント:「リーダーシップと経験が光る。」
  • 19.バトヒシグ・ミャグマル
    • 所属:SPファルコンズ
    • 利き足:右足
    • 経歴:堅実な守備でチームの信頼を得ている。
    • コメント:「守備の要として期待される。」
  • 8.エンフビレグ・プレブドルジ
    • 所属:アスレティック220
    • 利き足:右足
    • 経歴:若手ながらも安定したプレーで注目される。
    • コメント:「将来のモンゴル代表を背負う存在。」
  • 15.ガルエルデネ・ソヨルエルデネ
    • 所属:エルチム
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」
  • 21.テムージン・アルタンスフ
    • 所属:アスレティック220
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグで活躍し、代表の守護神として期待される。
    • コメント:「日本戦では多くのセーブを見せ、孤軍奮闘した。」
  • 6.ナルマンダフ・アルタグ
    • 所属:ウランバートル・シティ
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」
  • 18.ガントグトフ・ガントゥヤ
    • 所属:ウランバートル・シティ
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグで活躍し、代表の守護神として期待される。
    • コメント:「日本戦では多くのセーブを見せ、孤軍奮闘した。」
  • 24.ホスバヤル・エルデネオチル
    • 所属:ハンガリット
    • 利き足:右足
    • 経歴:若手ながらも安定したプレーで注目される。
    • コメント:「将来のモンゴル代表を背負う存在。」
  • 14.バルジンニャム・バトボルド
    • 所属:FCウランバートル
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグでの経験を積み、代表でも出場機会を増やしている。
    • コメント:「堅実なプレーでチームを支える。」
  • 4.ドゥルグーン・アマラー
    • 所属:デレン
    • 利き足:右足
    • 経歴:国内リーグで活躍し、代表の守護神として期待される。
    • コメント:「日本戦では多くのセーブを見せ、孤軍奮闘した。」

フォワード(FW)

  • 11.ナランボルド・ニャムオソル
    • 所属:アスレティック220
    • 利き足:右足
    • 経歴:キャプテンとしてチームを牽引するベテラン。
    • コメント:「リーダーシップと経験が光る。」
  • 9.ミジドルジ・オユンバートル
    • 所属:ウランバートル・シティ
    • 利き足:右足
    • 経歴:堅実な守備でチームの信頼を得ている。
    • コメント:「守備の要として期待される。」
  • 13.ガンバヤル・ガンボルド
    • 所属:プスカシュ・アカデーミア(ハンガリー)
    • 利き足:右足
    • 経歴:若手ながらも安定したプレーで注目される。
    • コメント:「将来のモンゴル代表を背負う存在。」

モンゴルのプロサッカー事情

モンゴル・ナショナルプレミアリーグ(Mongolian National Premier League)を中心に紹介します。

モンゴル・ナショナルプレミアリーグは、モンゴル国内におけるサッカーのトップディビジョンで、1974年に創設されました。現在、10チームが参加しており、優勝チームはAFCカップへの出場権を獲得します。リーグは8月から10月にかけて1stラウンドが行われ、その後6ヶ月の中断期間を経て、4月から7月に2ndラウンドと3rdラウンドが行われます。

モンゴルのサッカーは、FIFAランキングで183位と低く、日本のJFL(日本フットボールリーグ)レベルと比較されることが多いです。しかし、現地の選手たちはフィジカルが強く、スピードもあり、非常にガツガツとしたプレースタイルが特徴です。日本代表とモンゴル代表の試合では、2019年と2021年にそれぞれ6-0と14-0で日本が大勝しており、実力差が大きいことが示されています。

モンゴルリーグには多くの日本人選手が在籍しており、外国人枠の多くを日本人が占めています。例えば、43歳でプロデビューを果たした山本さんは、モンゴルのSPファルコンズFCと契約し、センターバックとして活躍しています。また、他の日本人選手もモンゴルでの挑戦を通じて、プロサッカー選手としてのキャリアを築いています。

モンゴルでプロサッカー選手として生活することは、簡単ではありません。例えば、大学を休学してモンゴルでプロサッカー選手になった経験を持つちゃつしさんは、チームの問題意識の共有や改善が不足していると感じ、初戦から悪い流れが続いたと述べています。また、モンゴルの厳しい気候条件や文化の違いにも適応する必要があります。

モンゴルサッカーはまだ発展途上ですが、外国人選手の獲得や選手強化に力を入れており、徐々にレベルアップを図っています。特に日本人選手の存在は、モンゴルサッカーの発展に大きく寄与しており、今後も多くの日本人選手がモンゴルで活躍することが期待されています。

モンゴルのプロサッカー事情は、まだまだ発展途上ですが、フィジカルの強さやスピードを活かしたプレースタイルが特徴であり、多くの日本人選手が挑戦しています。モンゴルサッカーの未来に期待が寄せられています。